文字 高齢者施設のウイルス感染対策は?

高齢者施設のウイルス感染対策は?

新型コロナウイルス 感染拡大の情報が毎日のように ニュース等で流されています。最近では高齢者施設の集団感染についても報告されました。
今後、施設利用を考えている方や現在すでにご家族が施設を利用されている方などは、 高齢者施設では「感染対策」はどのうようなことをしているのだろう?と不安に思っている方もいるのではないでしょうか?
今回は私が介護職員として高齢者施設で実施してきた 「感染対策」についてお話します。 高齢者施設によってそれぞれ対策は異なるかもしれませんが、 ご参考になればと思います。

1、感染予防の基本

高齢者施設では、利用している方が小規模なところから多数いらっしゃる大規模なところまであります。そのような高齢者施設で利用者を「感染」から守るにはどうすればいいのか?高齢者施設では「感染対策委員会」を設置したり、スタッフに向け感染予防の勉強会を開催しているところもあります。どのような意識を持ち感染対策を実施しているのかご説明します。

感染対策を実施する上で、まず、感染予防の基本というものがあります。

  • 感染性病原体を持ち込まない(利用者・職員・面会者・外部訪問者)
  • 感染ルートを絶つ
  • 感染を拡げない

これらを実行するためには、まず「標準予防策」の実施、標準予防策では不十分な強い感染症に対しては、さらに「感染経路別予防策」を実施します。

2、標準予防策(スタンダードプリコーション)とは?

感染症の有無に関わらずすべての患者(利用者)のケアに際して普遍的に適用する予防策です。
湿性生体物質(排便・痰・鼻汁等の体液、血液、粘膜、損傷のある皮膚)を感染の可能性がある物質としてみなし対応します。

湿性生体物質に触れる可能性のある介助者は 他の利用者や介助者自身への感染リスクを減少するために

  1. 手洗い
  2. グローブの着用
  3. マスクの着用
  4. エプロン(ガウン)の着用
  5. ゴーグル(目から感染する可能性がある時)の着用

これらを標準として利用者へのケアを実施します。

【標準予防策】
1、手洗い

感染予防には「手洗い」はとても重要です。「手」は人と人との接触が最も多い箇所であり、ウイルスは0,1マイクロメートル前後の極めて小さい生物です。 目に見えないためウイルスが付着したことに気が付かず、それを他人に付着させる可能性があります。スタッフは手指衛生には特に注意し、手洗いは次の時に行います。

  • 一処置(ケア)一手洗い
  • グローブを外した直後
  • 勤務直前・直後
  • 食事前
  • トイレ後
  • 掃除の後
  • 手が汚れたとき

手洗いはしっかり洗い流しているようで出来ていないことがあります。手洗いチェックキットなどを使用して、定期的にチェックを行う施設もあります

2、グローブ

一人の利用者の方の介助を終えたら、グローブを外し手洗いを実施します。次の方の介助には新しいグローブを着用します。

使用後のグローブを外すときは、手首部分から 内側が表になるように(菌やウイルスを包むように)外します。

3、マスク

原則、外したり、汚れたら交換します。
正しく着用できるように着用方法も利用者やスタッフに指導します。正しい着用方法は以下の通りです。

  • マスクのヒダを拡げる
  • 固い部分を上にする
  • 固い部分を鼻の形に合わせ隙間を作らない
  • 鼻やあごがでないようにする
  • 頬の部分に隙間が出来ないようにする

4、エプロン(ガウン)

症状のある利用者に直接介助し、汚染される可能性がある場合にエプロンを使用し衣類に感染源が付着することを防ぎます。

  • 作業が終了したら取り外す
  • 汚れた場合は新しいものと取り換える
  • 着けたまま廊下等を歩かない

使用後のエプロンを外すときは、 汚染した外側を内側へとくるくると巻くように外します。

他に、うがい等

うがいは次のような時に実施します。

  • 勤務開始時、修了時
  • 帰宅時
  • 人混みから出たとき
  • 喉が乾燥した時
  • 空気が乾燥している時
  • 起床時

うがいの方法は?

  1. まず、水を口に含みブクブクと口の中を洗い吐き出す
  2. 次に上を向き、10秒程「ゴオオオオオ」と声を出して喉を洗うことを2,3回繰り返す

3、感染経路別予防策

標準予防策に加え感染経路を遮断する対策を実施します。感染経路には「空気感染」「飛沫感染」「接触感染」があります。

  • 空気感染……病原体を含む飛沫の水分が蒸発し5ミクロン以下の飛沫核となり空気の流れに沿って拡散する。結核や麻疹等
    (空気予防策)陰圧個室での管理、微粒子マスク使用、消毒など環境整備等
  • 飛沫感染……咳、クシャミ、会話などの病原体を含む飛沫が結膜、鼻粘膜、気道粘膜などに付着し感染する。インフルエンザ等
    (飛沫予防策)個室管理、マスク使用、 大部屋では他の利用者との距離を2m以上離す 、消毒など環境整備等
  • 接触感染……ケアをする時の直接接触、病原体に汚染された媒介物に間接接触により感染する。感染性胃腸炎、赤痢等
    (接触予防策)個室管理、 トイレを専用にすることや排泄物の取り扱いに注意 、消毒など環境整備

ウイルスの感染流行が多い冬場( 11月~2月頃)は特に注意し、高齢者施設では以下のことを実施します。

  • 職員の手洗いうがいの徹底
  • 体調不良時の症状の報告、出勤時の検温
  • 外出・帰宅した利用者、来所・帰宅した利用者の手洗い
  • 食事前の手洗い
  • 利用者の体調確認と観察
  • 面会者の手洗い・手指消毒、マスクの着用、体調不良時の面会禁止
  • 手の触れるところ(手すり、エレベーターのボタン)や床、テーブル等の消毒(1日に数回)
  • 1日に数回の換気

さらに、感染流行の状況によって、次の対策を実施します。

  • 外部からの人の受け入れ(面会、ボランティア等)中止

4、高齢者施設内で感染流行した場合は?

では、高齢者の生活の場である高齢者施設内で感染流行した場合はどのような対策をとるのか。上記の標準予防策等に加え次の対策を実施します。

  • 症状のある方の隔離または全員隔離
  • 利用者全員のマスク着用
  • 集団のイベントやレクリエーション・体操等の中止
  • 場合により、多く人が集まる可能性がある場所(テレビのある娯楽室等)の使用中止
  • 食堂での食事中止(各部屋へ配膳)
  • 場合により、食器類は使い捨て容器使用
  • 面会、外出の中止


ウイルス感染が流行すると

  • 外出やレクリエーションなどの中止で利用者の方の行動範囲も狭くなり、他人と交流する機会の減少や活動量も少なくなります。それにより運動不足やストレス、うつなどの病状が悪化する場合もあります。(筋力低下にならないように理学療法士などが各部屋を訪室しリハビリを実施することもあります)
  • 業務量や神経を使う事が増え、スタッフの身体的・精神的負担が大きい
  • 使い捨てのマスク、エプロン、消毒などの利用も大量になり施設側にとっては費用がかかる。

高齢者は老化による免疫力や体力の低下 に加え持病などにより、インフルエンザ等に感染すると脱水や肺炎のリスクが高くなります。そのような事態を防ぐため、高齢者施設では 利用者の健康管理(検温、体調記録)、上記感染予防策の業務に努めています。

まとめ

少し内容が難しいところもありましたが、高齢者施設では感染対策を立て、利用者のウイルス感染を予防し、利用者の体調の管理に努め重篤症状の時には迅速な対応が出来るよう努めています。しかし、新型コロナウイルス等は特効薬がまだ無いことや、どんなに気を付けていてもウイルスはどこでどう感染するか不明なこと、1人に感染が分かった時点で複数人がすでに感染していることがあります。

高齢者施設・利用者本人・利用者ご家族が感染予防の基本をきちんと勉強し、高齢者施設内での集団感染を防ぐことも大切です。

高齢者施設では、 慢性的な人手不足の中でさらに増えた感染予防策業務と通常のケアを遂行する苛酷さは経験した者で無いとわかりません。高齢者施設利用者の方も利用者のご家族もそれを理解し、もどかしい思いをしていると思います。高齢者施設のスタッフにねぎらいの言葉をかけて頂けると良いと思います。

今後、高齢者施設の利用をお考えの方は、感染対策についてどのような取り組みを施設が行っているか、今まで施設内で集団感染があったかなど質問すると良いでしょう。

早く新型コロナウイルスが終息し、普段の生活が戻り、利用者の皆様がご家族との面会や外出が出来、他人や社会と関わることや、爽やかな風に当たり色とりどりの花や自然に触れることが出来るよう願っております。

参考文献:介護老人保健施設かがやきライフ江東・感染対策委員会「標準予防策&ノロウイルス・インフルエンザ対策」勉強会資料,北大病院「感染対策マニュアル」,厚生労働省「感染経路別予防策」

関連記事

  1. 桜 ( Thông NguyễnによるPixabayからの画像)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP