ケーキはお腹の中に、恋の思い出は胸の中に

「つくることをあきらめない 80歳からのおやつづくりサロン」
2月は「ザッハトルテ」でした。
ザッハトルテはオーストリアの古典的なチョコレートケーキです。

なんと今回は
スポンジケーキも ゲストの皆さんに作っていただきました!
パチパチパチ(拍手!)

しかし、ドキドキでした。なぜならスポンジケーキは難しく、上手く膨らまないと
失敗に(;^_^A 

そんな、ドキドキな、「おやつづくりサロン」のお話です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「上手くできてください!」 と祈りながら、ゲストの皆さんが来る前に調理器具などの準備を整えます。
準備を終え、さあばっちり!

「先生ー!!」元気にレクリエーションルームに1人目のゲスト様が来てくれました。
「今日も楽しみにしてました」と、いつもお顔も声も若々しいその方は、
今日も明るい笑顔がキラキラしていました。

その後も、ゲスト様が集まり、「今日は何かあるんだったかしらね?」
「前もここで何か作ったね」「やーねー、この前はお汁粉作ったでしょ~」と
もうにぎやかな会話が始まります。

では、手洗い、手の消毒、華やかなエプロンを着けて
おやつづくりのスタートです!

砂糖を量って、卵白を泡立てて、卵黄をよ~く混ぜて、がんばって!
皆さん真剣に、最初は手の力が上手くはいらなくても徐々に慣れて
しっかりとした生地を作ってくださいました。

ココア入りのスポンジケーキを焼き、ホーローの鍋の中でチョコレートを溶かし、
その中にちょっと洋酒をたらして…ふわッと大人の香りが漂います。

スポンジケーキの焼ける甘い香りがしてきました。「焼けたかな?」
オーブンから取り出してみるとスポンジケーキは大成功!!

スポンジケーキを上下に切り分け間に杏ジャムシロップを塗り網皿に。

スポンジケーキにチョコレートクリームを上から大胆にトロ~リと流しかけます。
上から流れるチョコレートクリームがココア色のスポンジケーキをコーティングしていきます。
「わーすごい!」と目を輝かしてゲスト様が言います。
皿の底に滴り落ちるチョコレートクリームを「もったいない、もったいない」と
ペティナイフですくってはケーキに塗ってくれる他のゲスト様。
「へー!!こうやって作るんだ!」と好奇心旺盛な顔でお話しするゲスト様。

「では、テーブルコーディネイトして食べましょう!」

2月はバレンタイン、色とりどりのバラのフェイクフラワーをたっぷり飾り
ピンクのマットを敷いて、
「わー素敵♡」「こういう色いいね」
表情から皆さんのトキメキを感じます。

紅茶をいれ、ケーキを切り分け、
お疲れ様です!ベジタブルジュースで
「乾杯!」

「あーー!!冷たくておいしい!」
ゲストの皆さんのほころぶ顔。
今回は難易度が高かったので、皆さんお疲れの様子。
しかし、達成感にあふれるいい笑顔。

さてケーキのお味は?
「おいしい!」
スポンジもしっとりふわっと出来ていて、素晴らしい!大成功!あ~おいしい~!

「では、バレンタインデーということで、恋バナ♡を…」

「主人とはね…」「〇さんは昔もてたでしょ?」「昔はモテたよ~、母が振袖を縫ってくれてね…」「港に船がきてね…花束を…」

私は紅茶を飲み、皆さんの恋バナを聞きながら
その良き時代のラブストーリーの世界に思いを馳せるのでありました✨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP